忍者ブログ
空の翼

空の翼

オリジナル創作ブログです。ジャンルは異世界ファンタジー中心。 放置中で済みません。HNを筧ゆのからAlikaへと変更しました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「休暇の間に、ちゃんと案は考えてきただろうな?」
「うん、一応はね」
なんだその気の抜けた返事は! おまえは僕の補佐官なんだぞ!? 財務省の改革に、しっかり協力せんか!」
「ごめん。やる気はちゃんとあるから」

僕が持参した書類を差し出して、独自に考えてきた改革案を提出すると、頭が沸騰していた長官がようやく落ち着いてくれた。
彼との掛け合いはやはり、活気があっていいなと思う。我が儘に振り回されるのさえ楽しめる。
それは、ずっと家族との縁が薄かった僕にとっては、幸せな事かもしれない。



これまで僕はずっと、存在自体を疎まれてきた。
だけど僕にはささやかながら居場所があると、今は徐々に、そう思えるようになってきた。

財務副官としての立場は、長官の石化を無効化できる特殊技能が必要なだけで、僕自身が必要とされている訳じゃなく。
いずれは僕がいなくとも問題なくなるのはわかってる。
それでも、以前は手が届かなかったものに、ほんの少し近づけたような気がして。

(だけど同時に、恐れてもいたんだ。伸ばした手を振り払われてしまったら、また居場所を失うんじゃないかって)

そうやって無意識の内に、自分が傷つかないように自分から距離を置いて。
知らず、自分からも壁を作っていた。

けれど、越えられない高く聳える壁だと思っていたものが、そんなに難関なものではないのかもしれないと、気づいた。
兄弟たちに、そんなには悪意がない事を知って。

それから気を付けて、周りを見るようにした。
初めから嫌われていると決め付けないで、ありのままに感じられるように。

…………そうしたら案外、彼らとの距離は、絶望的なまでに離れているという訳ではないのかもしれないと気がついたんだ。



多分僕は、見ようとしなかった。聞こうと思わなかった。

そうして、晒される悪意に気を取られて、まだ善意にも悪意にも育っていない小さな感情の芽を、知らずに摘みとってきてしまったのかもしれない。


あの実験で知った「声」の事は、彼らには伝えられない。
そんな「声」を聞けるのを周囲に知られるのは恐ろしく、とても真実は語れない。

正直、あの「声」で受けた衝撃は大きかったし、年末に倒れたのも過労だけが原因ではなく、精神的な疲弊もあったかもしれない。
けれどあの実験は、これまでの年月で積もった固定概念を崩す、良いきっかけになったとも思う。


まだ、自分が必要とされているなんて、そんな自信は持てない。

それでも、ほんの少しずつでも、彼らに歩み寄れるなら――――



←back  「明日、花が咲くように」 目次へ  next→ 「十三章」


ネット小説ランキング>【異世界FTシリアス/異世界恋愛シリアス】部門>明日、花が咲くようにに投票
ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(週1回)
「NEWVEL」小説投票ランキング
「Wandering Network」アクセスランキング
「HONなび」投票ランキング



PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
web拍手
お礼一種のみ。現在イラスト掲載中。 11.01.25更新。
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
商標
FINAL FANTASY XIV
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 空の翼 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]