忍者ブログ
空の翼

空の翼

オリジナル創作ブログです。ジャンルは異世界ファンタジー中心。 放置中で済みません。HNを筧ゆのからAlikaへと変更しました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、日本にいる猫は野良猫も含め、すべて人間が「愛玩動物用」として、繁殖に手を加えてきた子達です。
より可愛くなるように交配され、見た目はとても愛らしく、けれどその分、外で生きるには適さない姿になった子。
あるいは純血を保つ為に近親交配が行われた結果、奇形で生まれて捨てられる子。

「野生の猫」と呼べるのは、日本ではイリオモテヤマネコくらいだそうで。他はみーんな人の手が加わっていて、「野生」と呼ぶに当たらない「愛護動物」なのだそうです。

なのに、人の都合で捨てられ、厳しい外の環境で危険に晒され、寿命を縮めながら必死に生きている「野良」さんを、人はまた自分の都合で邪魔者扱いする。
こんな勝手な事、もし自分が猫だったら、絶対に許せないです。

人は猫を「猫なんか」って言うけれど、猫から見たら人間こそが「人なんか」って言いたいだろうなあとつくづく思います。
それでも彼らは、人の都合に振り回されながら生きていくしか、今のところ選択肢がないのが現実で。

愛される為に意図的に改造された種なのだから、せめて室内でノビノビと、お腹を空かせて餓える事もなく、病気にかかれば動物病院に連れて行ってもらえるような、そんな当たり前の幸せを噛み締めて生きてほしい。
お外で毎日、空腹を抱えて危険と隣り合わせに暮らす不幸な猫が、一日も早くなくなってほしい。
(勿論、だからって保健所に連れていって殺処分なんて論外です。生きてそこにある命なのですから!)

だから私は、TNR(T=トラップ=捕まえる・N=ニューター=中性化=不妊・去勢手術を受けさせる・R=リターン=元の場所に戻す)活動を応援しています。

本当は、不妊手術を受けさせた後、そのまま全部の子を保護して、新たなお家を見つけてあげられれば、それが一番理想的なのです。
ですが現実は厳しく、動物ボランティアさんの抱えられる容量を、猫の数が遥かに上回っています。

猫嫌いな人は、TNR活動そのものに理解を示してくれない事もあるそうです。
けれど、国が本腰を入れて保護活動を支援してくれて、保護施設の提供とか、不妊手術の代金の助成とかしてくれるとかならともかく、個人での頑張りには、どうしても限界があります。

「出来るならすべての子を保護したい」「お外の不幸な子をなくしたい」という気持ちは、現場で必死に活動されているボランティアさん達自身が、一番強く思っているのではないでしょうか。


ああ、早く人と猫が、平和に共生できる優しい国になってほしいなあ。
そのために出来ることを、私も模索しなくては。
とりあえずは、自分の気持ちをこうしてブログに綴ったり、頑張っていらっしゃるボランティアさんに、応援のメッセージを残したり。
そういう地道な活動からの開始です。

……資本(身体の健康とか金銭問題とか家族の理解とか)がないのが苦しいですが、まずは自分で始めようとしなければ、出来ることなどないままなんですよね。


無関心に通り過ぎていた部分を、心に留めて、自分も何かしたいと思うようになっただけで、目に映る世界は色を変えました。


色の変わった世界を見れて良かったと思います。

例えそこにあるのが、目を背けたくなるような厳しい現実であっても。

知らないままよりは、知れて良かった。


……そう思います。


PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
web拍手
お礼一種のみ。現在イラスト掲載中。 11.01.25更新。
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
商標
FINAL FANTASY XIV
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 空の翼 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]