忍者ブログ
空の翼

空の翼

オリジナル創作ブログです。ジャンルは異世界ファンタジー中心。 放置中で済みません。HNを筧ゆのからAlikaへと変更しました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

六章 『石の財務長官』




「融通の利かんケチ男が! おまえにはもう頼まん!」
うざい死ね。言っておくが、他から出費を捻りだせると思うなよ、この馬鹿者が」
「おまえは弟のクセに生意気すぎるぞ!」
「ふん。愚かな兄を持ったおかげで、僕は苦労してばかりだ」
「その生意気な口を閉じろ! エクスカイル!」
「仕事の邪魔だ。用事が済んだならさっさと退席しろ」
「この石頭が!」

怒鳴り散らした挙句に扉を乱暴に蹴破って、このグリンローザ王国の第一王子ジークフリードが走り去った。
部屋にようやく静寂が戻る。

僕は書類に向き合っていつもの作業を再開する。
補佐の不吉眼が、開け放たれたままの扉へと近づいていって、ノブに手をかけたところで動きを止めた。

「なんだ。何故さっさと閉めん」
「蝶番が壊れてる」
「死ね、あの腐れ男」

僕は舌打ちする。これでまた、予定外の費用が出るではないか。
あの男、許すまじ。

「仮にも兄上に対して、その言い様はどうかと思うけど」
「うるさい不吉眼」
「それは申し訳ありません、長官」

言葉だけは謝っているものの、誠意が感じられない。慇懃無礼というやつだ。僕が睨みつけると、不吉眼は無言で肩を竦めて自分の机に戻った。
飄々とした態度だ。僕の険のある視線にまったく動じていない。まあそうでもなければ、この僕の補佐など務まるはずもないが。


そういえば、兄弟というならば、先程の馬鹿もだが、この目の前のエディアローズもそうだ。
どちらも不本意な愚兄であるとはいえ、一応は「兄」である。
「馬鹿」と「不吉」。どちらも非常に不名誉な存在で、僕はこいつらを兄と呼ぶのも嫌だが。

もっとも、こいつらだけでなく、僕の兄弟は僕以外、皆揃って「無能」か「変人」といった不名誉だらけだ。嘆かわしい事この上ない。
我が王家の血筋は妙なのが多くて、まったく嫌になる。

「孤児院の遊具だと? ふん、そんなものの為に、国庫に負担を求めるとは嘆かわしい。あの馬鹿が第一王子だと思うと、我が国の行く末が不安になるわ」

僕は眉間の皺を寄せて、書類を睨む。
無駄遣いする馬鹿どもが全員死ねばいいのに。国民の血税を何だと思っているのだ。



←back 「五章」6  「明日、花が咲くように」 目次へ  next→


ネット小説ランキング>【異世界FTコミカル/異世界FTシリアス】部門>明日、花が咲くようにに投票
ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(週1回)
「NEWVEL」小説投票ランキング
「Wandering Network」アクセスランキング
「HONなび」投票ランキング



PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
web拍手
お礼一種のみ。現在イラスト掲載中。 11.01.25更新。
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
商標
FINAL FANTASY XIV
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 空の翼 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]