忍者ブログ
空の翼

空の翼

オリジナル創作ブログです。ジャンルは異世界ファンタジー中心。 放置中で済みません。HNを筧ゆのからAlikaへと変更しました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「でも、孤児院の運営資金が少なく、遊具にまでは手が回っていないのは事実だね」

不吉眼が馬鹿長兄を庇うような発言をする。馬鹿とは仲が悪いのに、何を余計な口出しをしてくるのか。
あの馬鹿と同じく、孤児の子供たちに情でも移ったか。くだらない。
下々の民と関わりすぎて、王族の威厳をなくしている馬鹿と同列なのが僕の副官だと思うと、心底から苛々する。
僕は書類をバサリと払って、机を強く叩いた。

「運営資金にも欠く有様だからこそ、資金は少しでも堅実に遣うべきだ。遊具などに金を掛けられるかっ」
「君よりも幼い子供たちが遊び道具のひとつもないなんて、不憫だと思わないかい」
「遊ぶものよりも、まずは衣・食・住と教育だ。そちらにまで手を回す余裕はないわ」

まるで話にならない。金は無限に湧いてくるような代物ではないのだ。
どこかを削らねばならないのなら、優先度の低いものから削っていくのは当然の話だ。

王都だけでなく、国土全体に散らばる孤児院への補助金が、毎年どれだけの額になっていると思っているのか。
これも財務官なのだから、当然内訳は知っているだろうが。

「なら、国民に触れを出して、古くなった遊具の寄贈を募って、それを孤児院に配布するというのはどう?」
「む? 寄贈があればの話だが……、悪くはないな」

ふむ、と考え込む。
所詮はお坊ちゃん育ちである愚兄その3が、具体的かつ建設的な案など出すとは思わなかった。

「おや。まさか、本気で検討されるとは思わなかったな」

僕が意見に耳を傾けたのが意外らしく、不吉眼がまたたきをした。自分で提案しておいて、なんて無礼な。

「僕だって鬼じゃない。予算を割ける余裕があるなら、検討くらいはするぞ。王侯貴族の浪費を抑え、その分だけ貧しい者へと配当するのは、財務官として果たすべき役割だ」
部下には鬼長官と、もっぱらの評判だけど
「そんな無礼な事を言うのはどこのどいつだ不吉眼。探し出して連れてこい。今すぐ石化してやるぞ
「さあ、単なる噂だしねえ」

不吉眼が視線を逸らす。
これの周りにうじゃうじゃいる精霊どもが、僕の力を警戒する気配がして鬱陶しい。
所詮、半透明の言語も持たん種族のクセして、この僕を威嚇するとは、無礼にも程がある。

「馬鹿兄の要望は、財源確保がなっておらず現実味がなかったから却下したが、寄贈ならば、そんなに予算を喰わずに検討できるだけの余地があるな」
「それは良かった」
「問題は、国内にあるすべての孤児施設に送れるだけの寄贈品が集まるかどうかだが……」

最初に期間を明示して国内全体から広く寄贈を募れば、ある程度は数が集まるかもしれない。
確実性はないが、ある意味では堅実な案だ。もし一つも集まらずに失敗しても、こちらには痛手がない。



←back  「明日、花が咲くように」 目次へ  next→


ネット小説ランキング>【異世界FTコミカル/異世界FTシリアス】部門>明日、花が咲くようにに投票
ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(週1回)
「NEWVEL」小説投票ランキング
「Wandering Network」アクセスランキング
「HONなび」投票ランキング



PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
web拍手
お礼一種のみ。現在イラスト掲載中。 11.01.25更新。
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
商標
FINAL FANTASY XIV
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 空の翼 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]