忍者ブログ
空の翼

空の翼

オリジナル創作ブログです。ジャンルは異世界ファンタジー中心。 放置中で済みません。HNを筧ゆのからAlikaへと変更しました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「エクスカイル! 孤児院に寄贈する為の遊具を、国内から広く募っているっていうのは本当か!? おまえ、あれだけ予算を割くのを反対したクセに、意外とやるじゃないか!」

声がうるさい。それとノックもせずに扉を開けるな馬鹿者が
「本当ですよ」

先日、人の執務室の扉の蝶番を壊していった犯人が、今日もまた腹立たしい程の勢いで扉を開けてズカズカと入ってきた。
それだけで死刑にしたくなる。うん、死ね。
勿論蝶番の修理代は、この馬鹿の軍務給料から差し引くよう手配したが、それだけでは腹の虫が収まらん。

ちなみに「本当ですよ」と、馬鹿の問いに簡潔に答えたのは、僕の副官を務めている不吉眼だが、馬鹿はそれを聞かないふりでスルーした。
話を聞かん馬鹿は、ただの馬鹿より更に救いようがない。ダメだこいつ。

「人がせっかく礼を言いに来たというのにっ」
「寄贈を募るという案を出したのは、そこの不吉眼だ」
「げっ」

僕は高潔だから、人の手柄を自分のものに横取りするようなゲスではない。だからちゃんと、この案を最初に提言した相手を教えてやった。丁寧に。
なのに「げっ」の一言で済ますとは。やはり死ね、クソ馬鹿長兄。

そこは同意見だったのか、不吉眼が顔だけは笑いながら眼がまったく笑っていない状態で、馬鹿に一歩近づく。

「おや、随分な反応ですね、ジークフリード・カッツェ殿下? まるで僕の提案には呪いでも掛かっているとでも言いたげな、心の底から嫌そうな顔をされると哀しいのですが。
孤児院に遊具を配布したいという、ジークフリード殿下のお優しい心遣いに感銘を受け、ない知恵を絞って実現可能な案を考え出したというのに。そんな健気な弟に対する仕打ちがそれとは、ひどいとは思わないのですか? 哀しみのあまり、心が砕けてしまいます」

単なる思いつきだったクセして、誇張しすぎだ、不吉眼。

「胡散臭い笑顔で、思ってもいないような事をほざくなっ」

片方が腹に一物抱えた微笑みで一歩近づくと、、片方は引き攣った顔で微妙に後ずさる。

馬鹿は馬鹿だから、不吉眼の伝承をそのまま鵜呑みにしているのだ。
仮にも血の繋がった弟をそんな理由で避けるとは、人として失格だ。今すぐ畜生を名乗れば良い。
愚かすぎて、これを実の兄とは思いたくない。

ちなみに僕が不吉眼を兄と認めてやらないのは、単に「変人」だからだ。
そして僕は不吉眼に限らず、他の兄弟のすべても、僕の兄弟とは認めていない。
こんな素晴らしい能力を持ちながらも研鑽を惜しまない「この僕の」兄弟と思うには、どいつもこいつも「無能」か「変人」に偏りすぎていて、腹立たしくて仕方ない。
伝承に怯えるだけの目の前の馬鹿と僕とでは、次元がまったく違うのだ。

(第一、あのくだらなすぎる伝承がもし真実だというのなら、血の繋がった兄弟として生まれた時点で、僕も馬鹿もすでに手遅れだ。「近しい者」という条件に合致してしまっている。それを今更ジタバタと足掻いて、一体何になるというのか)



←back  「明日、花が咲くように」 目次へ  next→


ネット小説ランキング>【異世界FTコミカル/異世界FTシリアス】部門>明日、花が咲くようにに投票
ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(週1回)
「NEWVEL」小説投票ランキング
「Wandering Network」アクセスランキング
「HONなび」投票ランキング



PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
web拍手
お礼一種のみ。現在イラスト掲載中。 11.01.25更新。
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
商標
FINAL FANTASY XIV
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 空の翼 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]