忍者ブログ
空の翼

空の翼

オリジナル創作ブログです。ジャンルは異世界ファンタジー中心。 放置中で済みません。HNを筧ゆのからAlikaへと変更しました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(これは…………、僕に向けられる、こころの声?)

嫌悪、苦手意識、戸惑い、妬み、怯え、忌避、憐憫。
……種類は違えど、どれもまぎれもなく、この僕に向けられる思いの一部。

スノウ嬢が魔石を使って結界を破ると同時に、ふわりと周囲を包まれる感触がした。
いつも、僕を守ってくれる彼らの気配がする。
そして、脳裏にガンガンと響いていた、「声」が、いきなり消えた。

意識を覆っていた重苦しさがなくなって楽になる。
助かったと、心から安堵した。
あんな「声」ばかりを延々と聞かされ続けていれば、遠からず気が狂っていたかもしれない。

「大丈夫ですか!?」
「何があった?」

スノウ嬢が慌てて駆け寄ってくる。ヒースは僕の背に手を添えたまま、険しい表情で僕の顔を覗き込んでくる。
二人の心配そうな表情を見ていると、ささくれ立っていた心が、次第に落ち着いてゆく。

僕は意図的に深く呼吸して、自身の精神を落ち着けようとする。そうすると、徐々に吐き気が収まっていった。

それでも、すぐに話ができる状態になく、「ちょっと待って」と、心配してくれる二人に、力なく微笑みを返す。

今、僕の内側で感じたものを、どう話せばいいのだろう。


あれは、近しい者たちから僕へと向けられた、「負の感情」なのだと思う。
すべて、僕にとって、知っている人の声をしていた。

奔流のように一気に流し込まれたので、脳の処理速度が間に合わずに気持ちが悪くなったけれど、少し落ち着いてみれば、誰がどの声だったのか、ちゃんと識別できた。

声の主たちの心から、「負」と分類されるものだけを汲み取ったら、きっとあんな感じになる。

ただ……あの声だけが、僕に向けられる感情のすべてだとは、考えなくていいはずだ。
現に今、固唾を呑んでこちらを見守っている二人からは、嘘偽りのない純粋な心配が窺える。
いつもの僕ならば、ヒースのそんな珍しい表情をからかって、怒らせて遊ぶのだけど。今は、そんな些細な楽しみに浸るだけの余裕がないのが残念だ。


結界が消えてすぐ精霊たちが僕を包んでくれたから、あのどす黒い嵐はやんだ。
彼らが僕を守ってくれたから、あの「声」は聞こえなくなった。


(ありがとう、助かったよ)

僕を取り巻く精霊たちに、心から感謝する。
目には視えなくても、そこにいるのは感じられる。
本当に、いくらお礼を言っても足りない。

(ああ、きっと。彼らがこれまで守ってくれていたのは、僕の身体だけじゃなく、心もだったんだ)

いつだって、危険に合いそうになると、目には視えない力が僕を守ってくれた。

だけどそれだけじゃなく、これまで認識していなかった精神が侵される危険からさえも、とても注意深く、守られてきたのだと。


彼らの情の深さを改めて思い知って、泣きたくなって、掌で瞼を覆った。



←back  「明日、花が咲くように」 目次へ  next→


ネット小説ランキング>【異世界FTコミカル/異世界FTシリアス】部門>明日、花が咲くようにに投票
ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(週1回)
「NEWVEL」小説投票ランキング
「Wandering Network」アクセスランキング
「HONなび」投票ランキング



PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
web拍手
お礼一種のみ。現在イラスト掲載中。 11.01.25更新。
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
商標
FINAL FANTASY XIV
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 空の翼 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]