忍者ブログ
空の翼

空の翼

オリジナル創作ブログです。ジャンルは異世界ファンタジー中心。 放置中で済みません。HNを筧ゆのからAlikaへと変更しました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「今すぐ書類を片付けろ、愚か者ども!」
「ひえええ!」

仕方なく、他の財務官を数名呼び寄せて、書類を拾わせ分類させる。
不吉眼以外の財務官は役に立たない事この上ないのだが、この際仕方ない。部下に使える人材がいない事実が腹立たしい。
次世代の有能な人材育成はまだか! まだなのか!?

無駄口を叩く気力も失せてきて、黙々と書類をサインし続けていたら、利き腕が腱鞘炎になった。
それでも仕事は溢れるばかりなので、臆病な第四王子に白魔術で手を治療させて、またサインする。その繰り返しだ。
この臆病者が不吉眼に怯えて近寄らないせいで、わざわざ治療にヒースを呼んだのだ。
兄弟が倒れたというのに治療すらせんとは嘆かわしい。この人非人め。

書類は積み上がるばかりで、いくら臆病者に治療させても追いつかなくなってきて、握力もなくなった。
舌打ちして、ペンと手を包帯で縛り付けて固定する。

(この上まだ書類を追加しようものなら、関係者全員石にしてくれるわ!)
ジクジク痛む手を無理やり動かして、段々と不恰好になっていく文字で署名し続ける。最早書いている僕自身が判読不可能な域にきている。流石にこれは拙いかもしれない。

夜中まで机に向かって唸っていると、ふと、執務室の灯かりに影が差した。

「その状態でサインを続ければ、腱鞘炎が悪化するが」
淡々と述べる相手を、僕は苛々と睨みつける。
いっそ石化すればいいのにという気持ちで強く睨むが、これには大抵の術が通用しない。
不吉眼と違って精霊の加護がある訳ではないが、黒魔術で石化を無効化する札でも持ち歩いているのだろう。
「喧しいわ! 仕事を手伝わんなら、偉そうに講釈たれるな! そして何気に小動物に過剰な餌を与えるな!」
いつの間に部屋に入ってきたのか、神出鬼没な気違いの第二王子が、頬袋いっぱいに餌を詰め込んだ小動物を片手に、僕の様子を眺めていた。

凶王子と呼ばれるこの次兄は、仕事もせんとふらふら王宮内を彷徨っている気違いで、親兄弟に嫌がらせするのを生き甲斐とする、はた迷惑な生物である。
これが黒魔術を平然と使うせいで、王宮内には藁人形があちこちに出没する。由々しき事態だ。誰か止めんか。
藁人形もだが、その使役者当人も神出鬼没だ。いつどこに現れるか予想もできん。いっそ幽閉すればいいのに。

「この薬を置いていこう。これは、腱鞘炎を悪化させる薬だ」
「悪化させてどうするっ!?」

「くくくく、ははははっ」

「不気味な笑いを残していくなーーー!  それと小動物は置いていけ、この気違いがっ」



←back  「明日、花が咲くように」 目次へ  next→


ネット小説ランキング>【異世界FTコミカル/異世界FTシリアス】部門>明日、花が咲くようにに投票
ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(週1回)
「NEWVEL」小説投票ランキング
「Wandering Network」アクセスランキング
「HONなび」投票ランキング



PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
web拍手
お礼一種のみ。現在イラスト掲載中。 11.01.25更新。
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
商標
FINAL FANTASY XIV
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 空の翼 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]