忍者ブログ
空の翼

空の翼

オリジナル創作ブログです。ジャンルは異世界ファンタジー中心。 放置中で済みません。HNを筧ゆのからAlikaへと変更しました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「何故、一度会っただけの相手にそのような事を誓える?」

ひとしきり笑った後、アルフォンソ殿下は確認するように私に問う。
確かに、私と彼の接点は一度きり。それで忠誠を誓われても、唐突すぎて受け入れ難いものだろう。逆にどこかからの密偵と疑われても仕方ない。

けれど私にとっては、そのたった一度の出会いが、人生の転機だった。
自分の性質が魔術師に向いてないとわかっていながら、それでも諦めずに頑張ってきたのは、見知らぬ子供たちの背中を命懸けで守ってくれた彼の姿が焼きついていたからだ。

「それは、あの時助けてくれた人に、恩を感じているからです。ずっとその人のような魔術師になりたいと願って、これまで努力してきました。
……そして貴方が、嫌がらせの名目でも、ご兄弟の中でただ一人だけエディアローズ殿下を気にかけてくださったから」

凶王子の噂と恩人の思い出は、印象がまるで違った。けれど同じ人だと繋がってから考えてみれば、彼の本質は、昔と変わっていないように思えた。

さっき勢いのままに握った手が、とても冷たかった。いくら日中でもこの時期に長時間外にいれば、寒いに決まってる。
エディアローズ殿下に曲が聴こえる場所で竪琴を奏でる為だけに、彼はこんな冷えるまで外にいた。嫌がらせをしたいだけなら、もっと他に方法があるだろうに。

藁人形が持ってくるお見舞いの品だけが、私と師匠以外で唯一、寝込まれているエディアローズ殿下を気遣う心に見えた。
孤独の影が深いあの部屋では、鉢植えの花がとてもあたたかく、優しく感じた。

「貴方の嫌がらせは、害のないいたずら。本当は相手を思っているのに、それを表に出さないように、嫌がらせという形で気遣っているように感じました」
実際、アルフォンソ殿下の嫌がらせは、被害という程の被害が出ていない。
先程まで奏でていた曲の選別を少し不快に思ったけれど、それも、嫌がらせという形を取らなければ、こうして弟君の近くまで様子を見にこれない事情が彼にあるのだと、今ならば思い当たった。

「ですからあれは、貴方なりのコミュニケーションの手段なのかと思いまして」
「随分斬新な意見だな」
非常に複雑な表情になるアルフォンソ殿下に、私は晴れ晴れと笑いかけた。

「本当にお嫌いなら、無関心を貫けばいいのでは? 嫌がらせをしたいと思う程度には、興味がおありになるのでしょう」
「興味、か……。そなたは中々面白いな」

しばし考え込んで、アルフォンソ殿下はやがてゆっくりと頷いた。そして、座っていた地面から立ち上がる瞬間に、耳元に小声で囁かれる。

「いいだろう。そなたにはいずれ、私の元で働いてもらおう」
「ありがとうございます。お役に立てるよう精進いたします」
私もまた小声で返し、いずれ主となる方へと、深くお辞儀した。

何の役にも立てなければ仕える意味がない。

(強くならなければ――――

竪琴を手にその場から立ち去ってゆくアルフォンソ殿下を見送って、私は決意を新たにした。



←back  「明日、花が咲くように」 目次へ  next→ 「十章」


ネット小説ランキング>【異世界FTコミカル/異世界FTシリアス】部門>明日、花が咲くようにに投票
ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(週1回)
「NEWVEL」小説投票ランキング
「Wandering Network」アクセスランキング
「HONなび」投票ランキング



PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

楽しく読ませていただきました。

ただ1つだけ…

<<Back で進んで

Next>> で戻るのは扱いづらい。
暇人 2009/07/10(Fri)08:12:38 編集
手直ししてみました
コメントありがとうございます。
矢印だけではわかりづらかったでしょうか。
ご指摘を受けて、backとnextの表示も入れてみました。これで少しでも読みやすくなっていると良いのですが。

あるいは、「目次」を参照していただき、ブラウザの「戻る」で目次に戻りつつ読んでいただくと、話数がわかりやすいかもしれません(汗)
Alika  2009/07/14(Tue)09:31:12

あぁ、勘違いw

あんなところに矢印があったのですね。
気が付きませんでした。

私が指していた場所はこのコメント欄の下にある
<<Back |HOME| Next>>
のことです。
実際これで移動してましたのでw


暇人 2009/07/13(Mon)12:56:39 編集
やや! 矢印が小さすぎましたね(汗)
ブログに付属してる方のbackとnextだったのですね、気がつかなくて申し訳ありません。
これまでは小説の本文内に矢印で(← 目次 →)と表示していたのですが、これでは小さすぎて、わかりづらかったですね。反省です。
backとnextの文字を足した事で、わかりやすくなっていると良いのですが。
これからも読みやすさを目指して、改善できる部分は積極的に改善していきたいと思います。ご指摘ありがとうございました。
Alika  2009/07/14(Tue)09:28:42
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
web拍手
お礼一種のみ。現在イラスト掲載中。 11.01.25更新。
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
商標
FINAL FANTASY XIV
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 空の翼 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]