忍者ブログ
空の翼

空の翼

オリジナル創作ブログです。ジャンルは異世界ファンタジー中心。 放置中で済みません。HNを筧ゆのからAlikaへと変更しました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フカフカの毛足の長いカーペットが敷かれた家具が少ない部屋で、師匠は壁を歩くという離れ業を実践してみせてくれた。
どんなに高い塀も、こうして壁そのものを歩ければ、何の障害にもならないだろう。
壁を垂直に歩く人間という光景を前に、私は珍妙な気分に陥る。

「なんと言うか……、密偵向きな能力ですね」
「極めればな」

私に訓練を開始させる前に、師匠は、まずは自分で訓練したのではないだろうか。元からこういう技を使えたのなら、多分もっと早くに教えてくれただろうし。
私に扱える技を考えて磁気に行き着いて。それから訓練したにしては、師匠はすんなりそれを使いこなしているのだけど……そこは流石に、自他ともに認める天才魔術師だけはあるという事か。

「壁や天井……自分の定めた地点に、必要な分だけ魔力で磁気を流す。吸着させたい時には必要な分を含ませて、離れたい時には流れを解除する」

壁から天井まで二本足で悠々と歩いてみせて、師匠が天井から逆さに立ってみせる。

足に磁気を帯びさせ、自分の立つ足場にも一時的に磁気を帯びさせる。そうして異極間で引き寄せあう性質を利用して、吸着させているのだという。
言葉で説明するのもややこしいけれど、それを実際にこなすとなればもっと難易度が高いはず。師匠はいともたやすく実践してみせているけれど、絶対に、習得するのは難しそうだ。

「同極間では退け合う力を利用すれば、高く跳ね上がったりもできる」

師匠の足がぱっと天井から離れたと思ったら、すぐに空中で体勢を立て直した。そのまま床に降り立つのかと思えば、まるで強いスプリングのベッドにでも乗ったみたいに、けれど床に足がつかぬ間に空中で弾かれて、また高い天井まで一気に戻ってみせた。
その一連の動作は優美で、まるで体勢を崩さずに行われた。
この人はどうして魔術師のくせにこんなに体を鍛えているんだろうと、人の事は言えないけれど思ってしまう。私は未だ、戦闘訓練で一度も彼に勝てていない。

「まずは磁気を体に纏わせる訓練をしろ。それを掴んだら、次は、まずは四肢を使って壁に張り付く訓練だな。いきなり足だけで壁に立つのは無理だろう」
「……もしかして、師匠もそれをやったんですか?」

四肢を使って壁に張り付くなんて、カエルみたいで見た目情けない。
私は実用的でさえあれば見た目にはこだわらないけれど、この師匠がそれをやったかと思うと、どうしても笑えてしまう。
ここで笑ったら怒られるのはわかっているのだけど、堪え切れなかった。

「僕は最初から足だけで壁に立てた」
ムカッとした顔で断言された。才能の差を見せつけられた感じだ。


感覚を掴む為にと渡された、二つの磁石を眺める。
本の中で知識としては知っていたけれど、こうして実物の磁石に触るのは初めてだ。
飾り気のない黒い磁石はまるで同じに見えるのに、異極間では手を放すとパッと引っ付いて、同極間では強引にくっつけようとしても、つく前に強く弾かれる。
吸着と反発。
師匠に実際に目の前で実践してもらったから、とても便利で使い道が広い力だというのがわかった。
反発は特に興味深い。弾く力は戦闘強化に使える。筋力だけでは無理な動きも可能になる。
重力の魔術も私は似たような使い方をしてきた。戦闘において、衝撃を和らげたり、攻撃に力を上乗せしたりといった具合に。
磁気の性質はそれに近く、それでいて違う用途がある。

(磁石を長くくっつけておくと、ただの金属が磁気を帯びる)
磁力が永く続く磁石を魔力で造る事は難しいけれど、魔力を通わせて、一時的に磁気を帯びさせるだけならば案外容易なのだと、師匠が言う。金属であれば更に容易いとも。
磁気は他のものに影響を及ぼしやすい。つまり、変質させやすいという事。確かに私の「変質」の魔力性質とは相性が良さそうだ。


扉をノックする音に、集中がふつりと途切れた。
ノックしたのは執事長のカリクさんだった。「王宮より、急ぎの使者がこられております」と、師匠に報告する。
いつも穏やかな笑みを絶やさない落ち着いた紳士という印象のカリクさんが、今は青褪めた顔色になっていた。

「エディアローズ殿下が倒れられたそうです」

「っ!」
「なんだって」


カリクさんからの報せを受けて使者と面会してきた師匠は、私にもエディアローズ殿下の容態を教えてくれた。

「過労で高熱を出して倒れたらしい。白魔術の使い手が必要らしいから、これから僕が行く」

高熱と聞いて余計に心配になる。
エディアローズ殿下は精霊の加護を持つ方だ。それでも倒れる程の熱があるという事は、精霊の手に余ったという事。そんなに具合が悪いなんて。

「確かおまえは、薬剤師の免許を持っているんだったな?」
「はい」
「ではおまえも共に来い」
「はい!」

勢い込んで返事したのはいいものの、私はハッと自分の格好を見下ろした。
ぎりぎり貴族階級にいるとはいえ、下級で貧乏な私は勿論、社交界なんて縁がなく、王宮に足を踏む入れた経験も一度もない。
清潔さだけは保っているものの、こんな普段着で訪れて良いのか不安になる。

「あの、王宮って、こんな格好で出入りして良いんでしょうか?」
「きちんとした服を見繕っている暇はない。今回行くのは本城ではなく、王の子供だけが住む離宮だ。それで構わない。必要な物はカリクに用意させる。何か入り用な物があれば伝えておけ」
「わかりました」



←back  「明日、花が咲くように」 目次へ  next→


ネット小説ランキング>【異世界FTコミカル/異世界FTシリアス】部門>明日、花が咲くようにに投票
ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(週1回)
「NEWVEL」小説投票ランキング
「Wandering Network」アクセスランキング
「HONなび」投票ランキング



PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
web拍手
お礼一種のみ。現在イラスト掲載中。 11.01.25更新。
カウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
商標
FINAL FANTASY XIV
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 空の翼 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]